帰化申請手続を代行してくれる専門家〜行政書士

帰化申請手続を代行してくれる専門家〜行政書士 | 帰化申請LEO

帰化申請手続を代行してくれる専門家〜行政書士

帰化・国籍取得に関する手続を代行してくれる専門家について紹介します。

 

  • 帰化についての相談
  • 帰化に必要な書類の収集、作成
  • 帰化の申請手続の代行
  • 国籍取得に関する相談など

これらの手続を代行してくれる専門家は行政書士です。

 

行政書士とは

行政書士とは、役所に提出する書類の作成に関する業務を扱う専門職です。

  • 車庫証明
  • 帰化申請
  • 各種の許認可申請
  • 会社の設立許可申請

などなど…幅広い業務を扱う職業です。

 

行政書士とよく勘違いされる職業として、司法書士という職業があります。
同じ書士業ですが、司法書士は「登記」や「供託」などについてのプロフェッショナルです。

 

遺言の作成手続などの場合には、行政書士にも司法書士にも相談することが
可能ですが、帰化の申請手続は行政書士に相談・依頼するのが一般です。

 

同じ法律系の職業として弁護士もありますが、
帰化申請の場面では相談・依頼することはほとんどありません。
ただ例外的に、不合理な理由で帰化申請が不許可になった場合に、
裁判などで争う場合などには弁護士に頼ることになります。

 

申請に必要な書類などを揃えて、それでも許可が下りなかった場合ですので、
普通は弁護士に相談することはありません。

 

行政書士の選び方のコツ

前述したように、行政書士と一言で言っても、その職務内容は実に多様です。
そのため人それぞれで専門分野を持っています。

 

遺言作成専門の行政書士、風俗営業の申請専門の行政書士、
会社に関する申請専門の行政書士などなど…

 

帰化の申請に関して相談・依頼をしようとする場合には、
当然帰化・国籍取得を専門としている行政書士に相談するのがベストです。

 

都市部など、行政書士の数が多い地域の方は、
帰化専門の行政書士を探して依頼するようにしましょう。

 

専門でなくても、帰化申請手続の依頼をすることはもちろん可能です。
しかし専門の場合と比べて、費用が高かったり時間が余計にかかったりする
ことがあるので注意する必要があります。

 

帰化の申請手続は、行政書士にとっても複雑で難しい業務という位置づけなのです。
専門家ですら難しいのですから、自力で手続をこなすのは非常に苦労します。
帰化申請は、専門家に依頼するのが常道だと言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ