帰化に関して行政書士に相談・依頼する

帰化に関して行政書士に相談・依頼する | 帰化申請LEO

帰化に関して行政書士に相談・依頼する

帰化申請を扱う専門家は、行政書士です。
何かと揃えなければならない書類が多い帰化申請手続…
自力でやろうとするとかなりの労力・時間を費やしてしまいます。

 

もちろん自力で手続を行うことも可能ですが、
それでもタダになるわけではありません。

 

書類を入手するための手数料・申請の手数料・書類の翻訳など、
なんだかんだで数万円はかかってしまいます。

 

その点、行政書士に最初から依頼すると、
場合によっては5〜8万円程度で費用を抑えることもできます。

手間・労力を考えると決して高い値段ではありません。

 

どのようなことが依頼できるのか

行政書士に依頼するとして、どのようなことが依頼できるのでしょうか。

相談
  • 帰化ができるのかどうか
  • どんな書類が必要なのか
  • どのような手続を踏めばいいのか
  • 依頼するとして、料金・期間はどれくらいになるのか

など、帰化に関する様々なことを相談することができます。

 

事務所によっては無料相談を受け付けていることもあります。
有料の場合には1万円以下で相談を受け付けていることが多いようです。

 

5000円程度で済むこともあるので、自力で手続を行う場合でも、
一度は相談してみるといいかもしれません。

 

書類の収集・作成

帰化申請には提出しなければならない書類がたくさんあります。
そのような書類を収集・作成代行してくれるサービスです。

 

書類の収集・作成のみの依頼でしたら7万円程度の格安のプランも準備されているようです。
提出は自分で行わなければなりませんが、書類を集めてもらうだけでもかなりの手間は省けます。

 

※自分で収集しなければならない書類などは、サービス内容に含まれません。

 

提出手続同行

提出手続は自分で法務局に訪れる必要があります。
行政書士に依頼をしている場合には、同行してアドバイスや対応などのサポートをしてくれます。

 

帰化許可後の手続

帰化の許可を得ることができても、その後には各種の名義変更など数多くの手続が必要となります。
完全サポートの依頼をすると、この段階のアドバイスまでもらうことが可能となります。

 

※フルサポートで15万円〜50万円程度が相場です。
※会社役員の場合や家族が多い場合などに応じて額は変動します。


ホーム RSS購読 サイトマップ