行政書士に依頼するメリットとは

行政書士に依頼するメリットとは | 帰化申請LEO

行政書士に依頼するメリットとは

帰化を行政書士に依頼する場合、決して安くはない料金が
かかってしまいます。
帰化にまつわる全ての手続を行政書士に依頼した場合、
条件によって幅がありますが10万円〜50万円程度の費用がかかります。
これだけの費用をかけて行政書士に依頼するメリットとはなんでしょうか?
費用にみあった分だけの「成果」は得られるのでしょうか?

 

このページでは、行政書士に帰化手続を依頼するメリットを紹介していきます。

 

役所に何度も行かなくても済む

帰化を申請するために必要な書類は、非常に多く複雑です。
これらの各書類を集めるために、何度も役所などにいかなければなりません。

 

自分で手続を進めている場合には、法務局から指示された書類を
集めて提出することになるのですが、1度の指示で済むことはほとんどありません。
法務局から書類を追加するように指示を何度も何度も受けて、
何度も法務局に足を伸ばさなければならない人も少なくありません。
法務局を訪れる回数は、少ない人でも3〜5回、
多い人なら10回以上にもなるといわれています。

 

さらに、法務局は平日の16時までしか空いていません。
地域によっては、法務局が予約制となっており、
かなり先まで予約が入れられないとう場合も珍しくありません。
仕事の休みをこう何度も何度も取るのは通常難しいですね。

 

行政書士に依頼した場合には、書類集めに手間取ることはなく、
法務局への訪問も最小限度で済みます。

 

書類作成の手間が省ける

帰化に必要な書類の多くは、自分で作成をしなければなりません。
この作業は非常に面倒です。

 

行政書士に依頼すると、代わりに作成をしてくれますので非常に楽です。
※自分で作成する必要がある書類もあります。

 

書類の取り寄せから翻訳まで任せることができる

帰化に必要な書類の中には、母国から取り寄せなければならないものがあります。
書類を集めるために、領事館などに申請にいかなければならない場合などもあり、
非常に面倒です。
さらに、取り寄せた書類は日本語に翻訳しなければいけません。

 

行政書士に依頼した場合には、これら全てをサポートしてくれます。

 

不安を解消できる

専門家に依頼する最大のメリットは、なんといっても安心感ではないでしょうか。
自分で手続をしていたら、何をしてもいいのかもわからず、
見通しが立たず何かを不安を感じるものです。
専門家に任せてしまえば、このような不安はなくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ