特別帰化(簡易帰化)とは

より簡単に帰化したい場合にまず考える!特別帰化(簡易帰化)とは | 帰化申請LEO

より簡単に帰化したい場合にまず考える!特別帰化(簡易帰化)とは

帰化は、国籍法という法律が定めている手続です。
そして、国籍法は以下の3種類の帰化の方法・種類を定めています。

  • 普通帰化
  • 特別帰化(簡易帰化)
  • 大帰化

通常の場合には、普通帰化を行います。特別永住者(在日韓国人など)だったら、
通常より簡単に帰化ができるということを耳にしたことがあるかもしれません。

 

ですが、それは提出書類などの面で手続が簡単になっているにすぎません。
条件を満たしていないと特別帰化(簡易帰化)は利用できないのです。

 

特別帰化の利用条件とは…
日本に何年住んでいるか、という年数条件もあるのですが、一番のポイントは
日本人と結婚(婚姻届を役所に出す正式の結婚)をしているかどうかということです。

 

この条件を満たしていれば、特別永住者かどうかに関係なく、簡単な条件で帰化をすることができます。
つまり日本人とあるつながりがある人は、普通帰化より簡単な条件・手続で帰化をすることができるのです。

 

帰化をしようと考えている方は、まず特別帰化ができないかどうかを確認するようにしましょう。
普通帰化の厳しい条件を満たす必要がなくなり、手続が比較的楽になります。

 

簡易帰化の条件は以下の通りです。

 

引き続き3年以上日本に住んでいる

普通帰化は5年以上という条件が必要ですが、
特別帰化の場合には3年にゆるめられています。

 

今現在も日本に住所を持っている

以前3年間日本に住んでいたというだけでは駄目なのです。

 

日本国民と法律上の夫婦である

法律上の夫婦であること(=配偶者であること)が要求されていますので、
愛人関係や事実婚の関係では特別帰化を利用することができません。

 

20歳以上でなくても帰化できる

普通帰化の場合と異なり、20歳以上という条件がついていません。
(もっとも男性なら18歳以上・女性なら16歳以上でないと法律上の
結婚関係が認められません。)

 

結婚から3年以上たっていたら、日本に1年住んでいれば良い

結婚から3年以上たっていたら、3年の住所要件(じょうけん)が
さらに1年に短縮されます。

 

 

※なお、特別帰化とは別に大帰化というものがあります。
普通帰化や特別帰化の条件を満たさないような外国人でも、日本に特別の功労のある外国人に日本国籍を与えるものです。
しかし1950年以降、この帰化は一度もみとめられていません。帰化を考えている一般の方には関係のない種類だといえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ